Web Deploy によるウェブパブリッシング(Windows)

Web Deploy によるウェブパブリッシング(Windows)

Web Deploy(ウェブデプロイメントツール)とは、ウェブサイトおよびウェブアプリケーションの移行、管理、導入を簡素化する Microsoft 製のツールです。具体的には、Visual Studio(R)(IDE)や WebMatrix(R)(開発ツール)などのローカル環境でコードを作成してから、Web Deploy を使用して本番サーバに更新内容を定期的に発行します。

Visual Studio(R) と WebMatrix(R) の違い

アカウントにコードの更新内容をシームレスに発行できる環境を必要とするユーザにとって、Visual Studio(R) または WebMatrix(R) が主な選択肢となります。

  • Visual Studio(R) は、あらゆる規模の .NET アプリケーションやサイトを作成するための標準的な統合開発環境(IDE)です。基本的な機能を拡張できる様々なプラグインが用意されています。ただし、Visual Studio(R) でアプリケーションを実行およびデバッグするためには、追加の構成を行う必要があります(データベースの準備や環境設定の調整など)。従って、このツールは上級ユーザ向けです。
  • 一方、WebMatrix(R) は、アプリケーションテンプレートや作業用アプリケーション(WordPress、Joomla)を設定なしで使用できます。リストからアプリケーションを選択するだけで、顧客アカウントにアプリケーションを追加したり、アプリケーションを実行することができ、構成は WebMatrix(R) によって透過的に行われます。さらに、WebMatrix(R) 内でプロジェクト用のホスティングプランを簡単に探し、契約することができます。従って、このツールは初心者ユーザにも適しており、設定不要なアプリケーションやテンプレートを提供して迅速に開発を進めることができます。WebMatrix(R) のインストールおよび使用については、http://www.microsoft.com/web/webmatrix/ を参照してください。

お好みでプロジェクトに適したツールを選択してください。

Visual Studio(R) および WebMatrix(R) でウェブパブリッシングを構成する

自社の環境でウェブパブリッシングをセットアップするには、公開の設定用画面で、顧客アカウントの IP アドレスと顧客パネルへのログイン用ユーザ名/パスワードを指定します。

WebMatrix(R) では、公開の設定は[ホーム]>[公開]で行います。この設定は、手動で指定することも、自動生成される XML ファイルで指定することもできます。特定のウェブサイト用のファイルをダウンロードするには、[ウェブサイトとドメイン]> <ドメイン名> >[Web Deploy パブリッシングの設定]に進み、[ダウンロード]リンクをクリックします。設定は、Web Deploy が Plesk サーバにインストールされ、実行されている場合にのみ指定することができます。これらの設定が表示されない場合は、ホスティング事業者までご相談ください。

Visual Studio(R) での発行設定については、http://msdn.microsoft.com/en-us/library/dd394698(v=vs.110).aspx を参照してください。

注: 顧客アカウントに更新内容をセキュア接続で送信したい場合は、発行設定の対応するオプションを選択してください。ホスティング事業者が有効な SSL/TLS 証明書を所有していない場合は、発行を試みるとエラーメッセージが表示されます。この問題を解決するには、ホスティング事業者に相談するか、セキュア接続の使用を中止してください。

WebMatrix(R) パブリッシング設定のセキュリティを強化する

WebMatrix(R) パブリッシング設定を保持する XML ファイルには、顧客アカウントのパスワードが含まれています。管理者には、Plesk を構成して XML ファイルからこれらのパスワードを除外できるオプションがあります。管理者がシステムのセキュリティを向上し、パスワード盗難を防止したい場合は、XML ファイルからパスワードを除外するように指定できます。この場合、顧客が WebMatrix(R) にパスワードを直接入力する必要があります。このオプションは、[ツールと設定]>[サーバ設定]ページにあります。