Plesk におけるレジストラの DNS 設定

Plesk におけるレジストラの DNS 設定

自分のウェブサイトに権威を持つプライマリネームサーバとセカンダリネームサーバが外部にある場合は、Plesk の DNS サービスをサイトごとにオフにします。

外部のネームサーバで管理されているサイトに対して Plesk の DNS サービスをオフにするには:

  1. [ウェブサイトとドメイン]にアクセスし、DNS 設定を管理するドメイン名をクリックします。
  2. [DNS 設定]をクリックします。
  3. [無効化]をクリックします。

    ゾーンに対して DNS サービスをオフにすると、画面が更新され、ネームサーバのリストだけ表示されるようになります。このリストのネームサーバレコードは、システムに影響を与えません。レコードはクリック可能なリンクとして表示され、これをクリックすると、外部の権威 DNS サーバで管理されているゾーンの構成を確認できます。

  4. 外部の権威 DNS サーバで管理されているゾーンの構成を確認するには:
    1. ゾーンの権威 DNS サーバを指定するエントリをリストに追加します。[レコードを追加]をクリックし、ネームサーバを指定して[OK]をクリックし、[更新]をクリックします。
    2. テストするネームサーバごとにこれを繰り返します。レコードがリストに表示されます。
    3. 作成したレコードをクリックします。

Plesk は、リモートネームサーバからゾーンファイルを取得し、ドメインのリソースが正しく解決されるかどうかリソースレコードをチェックします。結果が解釈されて画面に表示されます。

ドメインに対する追加の操作

顧客パネルが課金システムと統合されている場合は、ドメインに対する以下の操作を Plesk から実行することができます。

  • レジストラのサイトでドメイン管理パネルにアクセスするためのパスワードを設定する
  • 他のプロバイダへの移管に関してドメインをロック/ロック解除する
  • ドメイン登録者やその他の連絡先情報を変更する
  • ドメインレジストラが管理しているドメインゾーンの DNS 設定を変更する
  • ドメイン名登録事業者でのドメインアカウントの自動更新を構成する

レジストラのサイトでドメイン管理顧客パネルへのアクセス用に新規パスワードを設定するには:

  1. [アカウント]にアクセスします。
  2. 設定を変更するドメイン名の横にある[ドメイン情報を表示する]リンクをクリックします。
  3. [ドメインパスワードを変更する]をクリックします。
  4. 新しいパスワードを入力し[OK]をクリックします。

他のプロバイダへの移管に関してドメイン名をロック/ロック解除するには:

  1. [アカウント]にアクセスします。
  2. 設定を変更するドメイン名の横にある[ドメイン情報を表示する]リンクをクリックします。
  3. [レジストラのロック設定を変更する]をクリックします。
  4. ドメイン名の移管を許可する場合、[ロック]チェックボックスをオフにして、[OK]をクリックします。

ドメイン所有者の連絡先情報、技術情報、管理情報、課金情報などを変更するには:

  1. [アカウント]にアクセスします。
  2. 設定を変更するドメイン名の横にある[ドメイン情報を表示する]リンクをクリックします。
  3. [連絡先情報を編集する]をクリックします。
  4. 必要な変更を加えて[OK]をクリックします。

ドメインの DNS 設定を変更するには:

  1. [アカウント]にアクセスします。
  2. 設定を変更するドメイン名の横にある[ドメイン情報を表示する]リンクをクリックします。
  3. [DNS 設定]をクリックします。
  4. ウェブサイトの DNS ゾーンを管理するドメインネームサーバと、ウェブサイトをホスティングしているサーバの IP アドレスを指定します。
  5. ウェブサイトの DNS ゾーンがドメインレジストラによって管理されている場合、ウェブサイトのサービスへのインターネットアクセスに影響を与えるその他のリソースレコードも指定することができます。
  6. [OK]をクリックすると変更が保存されます。

ドメイン名の自動更新を構成するには:

  1. [アカウント]にアクセスします。
  2. 設定を変更するドメイン名の横にある[ドメイン情報を表示する]リンクをクリックします。
  3. [ドメイン登録の自動更新を許可する]をクリックします。
  4. ドメイン登録の自動更新を許可するには、[自動更新をオンにする]チェックボックスをオンにして、[OK]をクリックします。