PHP 設定

PHP 設定

各オプションでのリソース消費量とセキュリティを考慮に入れて、[ホスティングパラメータ]>[PHP ハンドラタイプ]で以下のいずれかの PHP ハンドラを選択してください。

PHP_settings

 

パフォーマンス

メモリ使用量

セキュリティ

Apache モジュール(Linux のみ)

Apache ウェブサーバの一部として機能します。

このハンドラ(別名「mod_php」)では、すべての PHP スクリプトが apache ユーザで実行されるため、セキュリティが最も低いオプションとなります。つまり、任意のプラン契約者の PHP スクリプトで作成されるすべてのファイルに、同じ所有者(apache)と同じパーミッションが設定されます。したがって、理論上は、あるユーザが他のユーザのファイルや重要なシステムファイルに影響を与えることが可能です。

注: PHP safe_mode オプションをオンにすることで、いくつかのセキュリティ問題を回避することができます。このオプションは、潜在的なセキュリティリスクをもたらす様々な PHP 機能を無効化しますが、これによって一部のウェブアプリケーションが機能しなくなる場合があります。safe_mode オプションは推奨されておらず、PHP 5.3 では廃止予定となっています。

ISAPI 拡張(Windows のみ。PHP 5.3 以降は非対応

IIS ウェブサーバの一部として機能します。

ISAPI 拡張は、契約に対して専用 IIS アプリケーションプールがオンになっている場合に、サイト分離を実現します。サイト分離とは、異なる顧客のサイトでスクリプトが独立して実行されるということです。従って、ある PHP スクリプトでエラーが発生しても、他のスクリプトの機能には影響がありません。さらに、PHP スクリプトは、ホスティングアカウントに紐付けられたシステムユーザの代理として実行されます。

注: ISAPI 拡張ハンドラは、PHP 5.3 以降はサポートされません。

CGI アプリケーション


各要求に対して新しいプロセスを作成し、要求の処理が完了するとそのプロセスを終了します。

CGI ハンドラにより、ホスティングアカウントに紐付けられたシステムユーザの代理として PHP スクリプトを実行できます。Linux では、これが可能になるのは、Apache ウェブサーバの suEXEC モジュールがオン(デフォルト)になっている場合のみです。オフになっている場合、すべての PHP スクリプトが apache ユーザで実行されます。

CGI アプリケーションハンドラはフォールバックとしてのみ使用することをお勧めします。

FastCGI アプリケーション

高(Apache モジュールと ISAPI 拡張に近い)

プロセスの実行を続けて、さらなる受信要求を処理します。

FastCGI ハンドラは、ホスティングアカウントに紐付けられたシステムユーザの代理として PHP スクリプトを実行します。

PHP-FPM アプリケーション(Linux のみ)

PHP-FPM は、FastCGI の高度なバージョンであり、高負荷のウェブアプリケーションに大きな利点をもたらします。

PHP-FPM ハンドラを使用できるのは、ホスティング事業者によってインストールされており、ウェブサイトの設定([ウェブサイトとドメイン]> ドメインを選択 >[ウェブサーバ設定])で[PHP を nginx で処理]オプションがオンになっている場合のみです。

注:PHP を Apache モジュールから FastCGI アプリケーションに切り替えると、既存の PHP スクリプトが正しく機能しなくなる可能性があります。ウェブサイトのウェブサーバ設定で[PHP を nginx で処理]をオンにして PHP-FPM に切り替える場合も同様です。

PHP バージョン

Plesk は、さまざまなバージョンの PHP をサポートします。ハンドラごとに 1 つ以上の PHP バージョンを利用できます。利用可能なバージョンはホスティング事業者によって定義されており、PHP ハンドラを選択する場所([ウェブサイトとドメイン]セクション > ドメイン名 >[ホスティング設定])で確認できます。

注:古い PHP アプリケーションのホスティングに PHP 4.x が必要な場合を除き、必ず PHP 5.x を使用してください。

Plesk 10.4 以降では、各ホスティングプランまたは契約に対して PHP 構成を個別に調整することができます。この目的のために、Plesk の[PHP 設定]タブには多数の PHP 構成の設定が用意されています。契約ごとのカスタム PHP 構成について詳しくは、「PHP 設定をカスタマイズする」セクションを参照してください。