Microsoft Outlook Express からのアクセス

Microsoft Outlook Express からのアクセス

このセクションでは、Microsoft Outlook Express 6 について説明します。他のバージョンの Microsoft Outlook Express には当てはまらない場合があります。

Microsoft Outlook Express をセットアップするには:

  1. Microsoft Outlook Express を開きます。
  2. [ツール]>[アカウント]に進みます。
  3. [追加]ボタンをクリックし、[メール]項目を選択します。
  4. 送信する全てのメッセージに表示される名前を入力し、[次へ]をクリックします。

  5. メールアドレスを入力して、[次へ]をクリックします。

    outlook-exp-2

  6. 以下の設定を指定します。
    • 受信メール サーバーのプロトコル

      メッセージのコピーをサーバに残したい場合は、IMAP オプションを選択します。サーバにメッセージを残したくない場合は、POP3 オプションを選択します。IMAP を選択した場合は、サーバで SpamAssassin が有効になっていれば、受信したメールメッセージを SpamAssassin スパムフィルタに学習させることもできます。

    • 受信メール サーバー:ウェブサイトのインターネットアドレスを指定します。
    • 送信メール サーバー:ウェブサイトのインターネットアドレスを指定します。

  7. [次へ]をクリックします。
  8. 以下を指定します。
    • アカウント名。[アカウント名]ボックスにメールアドレスを入力します。
    • パスワード。通常、このパスワードは Plesk にログインするときのパスワードと同じです。
    • [パスワードを保存する]チェックボックス。メールプログラムがメールサーバに接続して新着メールをチェックするたびにパスワードの入力が求められることのないようにする場合に、このチェックボックスをオンにして、[次へ]をクリックします。

  9. メールプログラムのセットアップを終了する場合は、[完了]をクリックします。