Git を使用してコンテンツをデプロイする

Git を使用してコンテンツをデプロイする

Plesk は、多くのウェブ開発者に利用されているソースコード管理システムの Git と統合できます。Git リポジトリを管理して、このようなリポジトリからターゲットのパブリックディレクトリへウェブサイトを自動的にデプロイすることができます。言い換えると、Git を最初の公開時とその後のアップデート時にトランスポートとして使用することができます。

Plesk では、使用シナリオに応じて 2 種類の Git リポジトリを追加できます。

  1. ワークステーションでローカルリポジトリを使用する。この場合、ローカルリポジトリから Plesk へ変更を送信すると、Plesk によってこの変更がウェブサイトにデプロイされます。
  2. リモート Git ホスティングを使用する。このシナリオは、既に GitHub(github.com)や BitBucket(bitbucket.org)などのリモートリポジトリを使用している場合に便利です。このリモートリポジトリに変更を送信すると、Plesk がリモートリポジトリから変更をプルしてウェブサイトにデプロイします。

詳細は、「Git のサポート」を参照してください。