自己署名 SSL/TLS 証明書でウェブサイトをセキュリティ保護する

自己署名 SSL/TLS 証明書でウェブサイトをセキュリティ保護する

SSL/TLS 証明書でウェブサイトをセキュリティ保護したい場合、無償の自己署名 SSL/TLS 証明書を使用できます。また、Plesk で SSL/TLS 証明書を直接購入することも、証明書署名リクエスト(CSR)を生成して認証局(CA)から証明書を購入することも、既に所有している証明書でウェブサイトを保護することもできます。

:自己署名 SSL/TLS 証明書でウェブサイトをセキュリティ保護すると、サーバからの送受信通信を暗号化することによってウェブサイト訪問者を保護できますが、ウェブサイトの正当性を証明するものではありません。ウェブサイト訪問者のブラウザが、証明書の有効性が確認できないという警告を表示する可能性があります。

自己署名証明書でウェブサイトをセキュリティ保護するには、まず証明書を生成する必要があります。これには、[ウェブサイトとドメイン]から[SSL/TLS 証明書]>[SSL/TLS 証明書を追加]をクリックします。証明書名(この名前は、すべての証明書のリストで証明書を識別するために使用します)、個人情報、証明書で保護するドメインなど、赤いアスタリスク記号(*)でマークされたフィールドに情報を入力します。

:ワイルドカード SSL/TLS 証明書を生成したい場合、ドメイン名の先頭をアスタリスク記号(*)にする必要があります。たとえば、*.example.com に対して生成された証明書を使用して、example.com のすべてのサブドメインをセキュリティ保護できます。

終了したら、[自己署名]をクリックします。これにより、自己署名証明書が生成され、リポジトリに置かれます。リポジトリ内のすべての SSL/TLS 証明書をリストに表示するには、[ウェブサイトとドメイン]>[SSL/TLS 証明書]に進みます。

証明書が生成されました。次に、インストールする必要があります。[ウェブサイトとドメイン]に進み、[ホスティング設定]をクリックします。[SSL/TLS サポート] チェックボックスをオンにして、生成した証明書を[証明書]メニューから選択し、[OK]をクリックします。