復元後にデータベースを修復する(Windows)

復元後にデータベースを修復する(Windows)

MS SQL データベースを復元する場合、一部のデータベースユーザが孤立する場合があります。これらのユーザがデータベースにアクセスしてデータベースを使用できるように、ユーザを修復する必要があります。

孤立したユーザがデータベースに存在しないか確認するには:

  1. [ウェブサイトとドメイン]>[データベース]> データベース名を選択します。
  2. 修復しなければ正しく機能しない孤立ユーザが複数存在するという警告が表示された場合、孤立ユーザを修復する必要があります。
  3. 孤立したユーザを修復するには、修復したいユーザに対して[修復する]ボタンをクリックします。
  4. このユーザのパスワードを入力して[修復]をクリックします。

    パスワードがないシステムユーザの場合は、パスワードフィールドを空のままにして[修復]をクリックします。