仮想ディレクトリを作成する

仮想ディレクトリを作成する

ウェブサイト内で仮想ディレクトリを作成するには:

  1. [ウェブサイトとドメイン]に進み、ウェブサイトのドメイン名を探します。
  2. [仮想ディレクトリ]をクリックします。ここがウェブサイトのルートになります。
  3. 仮想ディレクトリを作成するディレクトリに進みます。
  4. [仮想ディレクトリを作成する]をクリックします。

    Virtual_Directories

    注: 仮想ディレクトリの代わりに物理ディレクトリを作成する場合は、[ディレクトリを作成]をクリックしてディレクトリ名を指定し、[OK]をクリックします。

  5. 以下の必須パラメータを指定します。
    • 名前:仮想ディレクトリ名を指定します。
    • パス:仮想ディレクトリパスを指定します。
      • [仮想ディレクトリと同名の物理ディレクトリを作成する]チェックボックスをオンにすると、仮想ディレクトリと同じ名前の物理ディレクトリが自動的に作成されます。
      • 既存の物理ディレクトリを選択する場合は、[仮想ディレクトリと同名の物理ディレクトリを作成する]チェックボックスをオフにしてフィールドにパスを指定してください。
    • スクリプトソースへのアクセス:このチェックボックスをオンにすると、読み取りまたは書き込みパーミッションが付与されているユーザがソースコードにアクセスできます。ソースコードには ASP アプリケーションのスクリプトも含まれます。
    • 読み取りパーミッション:このチェックボックスをオンにすると、ユーザはファイルまたはディレクトリ、および関連するプロパティを読み取ることができます。
    • 書き込みパーミッション:このチェックボックスをオンにすると、ユーザはファイルおよび関連プロパティを仮想ディレクトリにアップロードしたり、書き込み可能なファイルのコンテンツを変更することができます。書き込みパーミッションは、HTTP 1.1 プロトコルの PUT 機能がサポートされているブラウザのみで有効です。
    • ディレクトリの参照:このチェックボックスをオンにすると、ユーザは仮想ディレクトリのファイルとサブディレクトリのハイパーテキストリストを参照できます。
    • 訪問をログに保存する:このチェックボックスをオンにすると、仮想ディレクトリへの訪問者に関する情報が保存されます。
    • アプリケーションの作成:このチェックボックスをオンにすると、ディレクトリが IIS アプリケーションになります。当該ディレクトリはウェブサイトの他の部分から論理的に独立します。
    • 実行パーミッション:仮想ディレクトリで許可されるプログラムの実行レベルを選択します。
      • なし:HTML や画像ファイルなどの静的ファイルへのアクセスのみを許可します。
      • スクリプトのみ:スクリプトの実行のみを許可します。その他の実行可能ファイルを実行することはできません。
      • スクリプトと実行可能ファイル:制限がすべて解除され、すべてのファイルタイプを実行できます。
    • ASP 設定:ASP ベースのウェブアプリケーションに固有の設定を行います。
      • 使用している ASP ベースのウェブアプリケーションが、IIS で設定しているデータ転送制限では正常に動作しない場合、変更したいフィールドの横の[親ディレクトリの定義を使用]チェックボックスをクリアして、必要な数値を入力してください。
      • サーバ側で ASP アプリケーションのデバックを有効にするには、[親ディレクトリの定義を使用]チェックボックスをクリアして[ASP サーバサイドスクリプトのデバッグを有効にする]チェックボックスをオンにします。
      • クライアント側で ASP アプリケーションのデバックを有効にするには、[親ディレクトリの定義を使用]チェックボックスをクリアして[ASP クライアントサイドスクリプトのデバッグを有効にする]チェックボックスをオンにします。

      root 仮想ディレクトリの ASP 設定を変更する場合、デフォルトのチェックボックスは[親ディレクトリの定義を使用]ではなく[IIS の定義を使用]であることに注意してください。

  6. [OK]をクリックします。

ウェブサイトから仮想ディレクトリを削除するには:

  1. [ウェブサイトとドメイン]に進み、ウェブサイトのドメイン名を探します。
  2. [仮想ディレクトリ]をクリックします。
  3. 削除したいディレクトリのチェックボックスをオンにします。
  4. [削除]をクリックします。
  5. 削除を確認して[OK]をクリックします。