ワイルドカードサブドメインを追加する(Linux)

ワイルドカードサブドメインを追加する(Linux)

ワイルドカードサブドメインは、存在しないサブドメインへの訪問者を、いずれかのウェブサイト(通常はメインウェブサイト)にリダイレクトするために使用します。この機能は、一般に次のような用途で使用します。

  • ウェブサイトの構成を整理し、マーケティングキャンペーンを実施する。

    例:「vps-limited-offer」というサブドメインが存在せず、「limited-vps-offer.example.com」から「example.com」へユーザを転送する。

  • ユーザがサブドメイン名を誤入力しても、ウェブサイトが表示されるようにする。

    例:ウェブサイト名の接頭辞「www」を「ww.example.com」のように誤入力してしまう。

  • 一部のウェブサイトアプリケーション(WordPress など)では、ユーザエクスペリエンス向上のために、ワイルドカードサブドメインを使用して動的サブドメインを作成します。

注: ワイルドカードサブドメインを追加しても、既存のサブドメインへのトラフィックに影響はありません。

ワイルドカードサブドメインを追加するには

ワイルドカードサブドメインは、1 つの契約下のドメイン名ごとに 1 つ追加できます。これには、[ウェブサイトとドメイン]にアクセスし、「*」という名前の新しいサブドメインをいずれかのドメイン名に追加します(例:*.example.com)。このサブドメインにカスタムのスクリプトやウェブサイトコンテンツを追加するには、このサブドメイン用のカスタムのドキュメントルートを指定します。

ワイルドカードサブドメインの制約事項

ワイルドカードサブドメインは通常のサブドメインと同様に機能しますが、以下の例外があります。

  • Linux 限定の機能である。現在、ワイルドカードサブドメインに対応しているのは Plesk for Linux のみです。
  • 名前を変更できない。ワイルドカードサブドメインは名前を変更できません。
  • DNS ゾーンを持たない。ワイルドカードサブドメインは、Plesk の DNS サーバに独自のゾーンレコードを持ちません。代わりに、該当するドメイン名に紐付けられた IP アドレスをポイントする A レコードを持ちます。
  • APS アプリケーションをインストールできない。Plesk ユーザがワイルドカードサブドメインに APS アプリケーションをインストールすることはできません。
  • Presence Builder サイトを作成できない。Plesk ユーザがサイトを編集し、ワイルドカードサブドメインへ公開することはできません。