カスタムエラーページをセットアップする

カスタムエラーページをセットアップする

サイトの訪問者が要求したページが見つからない場合、ウェブサーバはエラーメッセージを示す標準 HTML ページを生成して表示します。独自のエラーページを作成して、サイトや個別の仮想ディレクトリで使用することができます。以下に、よくカスタマイズされるエラーメッセージを示します。

  • 400 Bad File Request - 通常は、URL の構文が正しくないことを意味します(例:大文字を小文字にすべきである、句点記号が違う)。
  • 401 Unauthorized - サーバがクライアントからの暗号化キーを要求していますが、取得できません。あるいは、入力したパスワードが正しくない場合もあります。
  • 403 Forbidden/Access denied - 401 に似ています。サイトへのアクセスに、特別なパーミッションが必要です(登録の問題の場合はパスワードまたはユーザ名)。
  • 404 Not Found - サーバが、要求されたファイルを検索できません。ファイルが移動または削除されています。あるいは入力された URL またはドキュメント名が正しくありません。これは最も一般的なエラーです。
  • 500 Internal Server Error - サーバの構成上の問題により、HTML ドキュメントを取得できませんでした。
  • 503 Service Temporarily Unavailable - サイトはメンテナンスのために一時的に使用できません。

このセクションの内容:

Windows サーバでカスタムエラーページをセットアップする

Linux サーバでカスタムエラーページをセットアップする