ウイルスから保護する

ウイルスから保護する

システムをウイルスから防御するには、疑わしい添付ファイルは開かず、ホスティング事業者がアンチウイルスサービスを提供していればサーバ側でそのサービスを有効にし、ファイアウォールおよびアンチウイルスソフトウェアが PC にインストールされていることを確認してください。また、オペレーティングシステムを常に最新の状態に維持し、適宜、セキュリティホットフィックスとパッチをインストールします。

メールボックスのアンチウイルスを有効化するには:

  1. [メール]メールアドレスを選択し、[アンチウイルス]タブを選択します。
  2. [このメールアドレスをアンチウイルスで保護]チェックボックスをオンにします。
  3. 使用するメールスキャンモードを選択します。受信メール、発信メール、または送受信メールに対してスキャンを有効にできます。
  4. [OK]をクリックします。

ウイルス感染したメッセージが届くと、メールで通知されます。プロバイダが Kaspersky Antivirus を使用している場合は、[メール]タブでメールアドレスを選択し、[アンチウイルス]タブで構成することができます。

メールボックスのアンチウイルスを無効にするには:

  1. [メール]メールアドレスを選択し、[アンチウイルス]タブを選択します。
  2. [このメールアドレスをアンチウイルスで保護]チェックボックスをオフにします。
  3. [OK]をクリックします。