Plesk DNS サービスを無効にする

Plesk DNS サービスを無効にする

デフォルトで、Plesk で作成されたドメインは名前解決に Plesk DNS サーバを使用します。ただし、これが好ましくない状況もあります。たとえば、自分のドメインの権威 DNS サーバとしてサードパーティの DNS サーバを使用している場合には、このドメインに対して Plesk DNS サービスを無効にすることをお勧めします。これには、[ウェブサイトとドメイン]>[DNS 設定][無効化]をクリックします。後で設定を変更したくなった場合には、[有効化]をクリックすれば、ドメインに対して Plesk DNS サービスが再び有効化されます。

DNS_disable

ドメインに対して Plesk DNS サービスを無効にした場合、サードパーティ DNS サーバに保存されている DNS レコードが正しいかどうかを確認することができます。これには、[ウェブサイトとドメイン]>[DNS 設定][レコードを追加]をクリックし、サードパーティ DNS サーバのドメイン名を入力して、追加した DNS サーバの名前の横にある アイコンをクリックします。Plesk がサードパーティ DNS サーバから DNS レコードのリストを取得し、Plesk データベースに保存されているドメインの DNS レコードと比較して、相違があれば警告します。