Linux サーバでカスタムエラーページをセットアップする

Linux サーバでカスタムエラーページをセットアップする

サイトでカスタムエラーページが表示されるようにウェブサーバを構成するには:

  1. カスタムエラードキュメントのサポートをオンにします。
    1. [ウェブサイトとドメイン]に進み、ウェブサイト設定ペインで[ホスティング設定]をクリックします。
    2. [カスタムエラードキュメント]チェックボックスをオンにします。
    3. [OK]をクリックします。
  2. FTP アカウントに接続して error_docs ディレクトリに移動します。
  3. 必要なファイルを編集するか、置き換えます。ファイル名が正しいことを確認します。
    • 400 Bad File Request - bad_request.html
    • 401 Unauthorized - unauthorized.html
    • 403 Forbidden/Access denied - forbidden.html
    • 404 Not Found - not_found.html
    • 405 Method Not Allowed - method_not_allowed.html
    • 406 Not Acceptable - not_acceptable.html
    • 407 Proxy Authentication Required - proxy_authentication_required.html
    • 412 Precondition Failed - precondition_failed.html
    • 414 Request-URI Too Long - request-uri_too_long.html
    • 415 Unsupported Media Type - unsupported_media_type.html
    • 500 Internal Server Error - internal_server_error.html
    • 501 Not Implemented - not_implemented.html
    • 502 Bad Gateway - bad_gateway.html
    • 503 Service Temporarily Unavailable - maintenance.html

ウェブサーバにカスタムエラーページが表示されます。