ウェブスクリプティング設定

ウェブスクリプティング設定

契約内の各ウェブサイトに対し、以下のプログラミング言語とスクリプティング言語のサポートをオンにすることができます。

  • ASP(Active Server Pages)
  • Microsoft ASP.NET(Windows ホスティング)
  • SSI(Server Side Includes)(Linux ホスティング)
  • PHP(PHP hypertext preprocessor)
  • CGI(Common Gateway Interface)
  • FastCGI(Fast Common Gateway Interface)(Linux ホスティング)
  • Perl
  • Python

特定のスクリプティング言語のサポートをオンにするには、[ウェブサイトドメイン]>[ホスティング設定]で、必要なスクリプティング言語の横のチェックボックスをオンにして、[OK]をクリックします。[ホスティング設定]リンクが表示されない場合は、ホスティング事業者までご相談ください。

Web_scripting

Plesk 10.4 以降では、契約内の各ウェブサイト(またはサブドメイン)の PHP 設定を個別に構成できるようになりました。PHP のカスタム構成については、「PHP 設定」セクションを参照してください。

このセクションの内容:

PHP 設定

PHP ハンドラタイプ

ASP.NET 設定(Windows)