ウェブサイトのステータス

ウェブサイトのステータス

ウェブサイトのステータスは、ウェブサイトがインターネット経由で使用可能かどうか、およびウェブサイトでどのホスティングサービスを提供するかを定義します。ホスティング事業者は、クライアントによるサービス使用料の支払が滞っている場合などに、サイトのステータスを変更する必要があります。また、サイト所有者は、サイトのステータスを変更して、サイトを一時的に利用不能にできます。

Plesk は、一時停止済み無効アクティブという 3 種類のウェブサイトステータスをサポートします。

一時停止済みサイト

メンテナンスのためにサイトを閉鎖し、一時的に利用できないことを訪問者に知らせたい場合、サイトを一時停止してブラウザに表示されないようにできます([ウェブサイトとドメイン]> ドメイン名 >[一時停止]リンク)。訪問者は、検索エンジン対応の 503 HTTP コード(サービスを利用できない)で「503 Service Unavailable」エラーページにリダイレクトされます。サイトの検索エンジンランキングに影響はなく、メールなどのホスティングサービスは引き続き Plesk から利用・管理できます。

Suspend

エラーページをカスタマイズするには、顧客パネル >[ウェブサイトとドメイン]> ドメイン名を選択し、[エラーページを編集]リンクを使用します。

注:[エラーページを編集]リンクは、ウェブサーバエラードキュメントをカスタマイズするためのオプションがホスティングプランに含まれている場合([ウェブサイトとドメイン]> ドメイン名 >[ホスティング設定]で表示されるドメイン設定で、[カスタムエラードキュメント][オン]の場合)にのみ表示されます。

無効になったサイト

ウェブサイトのメンテナンスをやめる場合は、[ウェブサイトとドメイン]> ドメイン名 >[無効化]リンクでウェブサイトを無効にすることができます。訪問者には、ホスティング事業者が設定したウェブサーバのデフォルトページが表示され、サイトの検索エンジンランキングは低くなります。

無効になったウェブサイトは、サーバ上でホスティングされなくなり、 ウェブサーバ構成から除外されます。ただし、無効になったサイトの物理ディレクトリおよび物理ファイルに、FTP クライアントやファイルマネージャからアクセスすることはできます。メールなどのホスティングサービスは使用できなくなります。

注:バージョン 11.5 までの  Plesk では、このステータスを一時停止と呼んでいました。

アクティブサイト

ウェブサイトをオンラインに戻すには、[ウェブサイトとドメイン]> ドメイン名 >[アクティブ化]リンクを使用します。ウェブサイトは通常どおりに動作を開始します。